デリケートな時期だと認識する

妊娠中に絶対避けるべきこと

妊娠している時の注意点

普段よりも、デリケートな身体になっていると思ってください。 身体に負担を与えると、自分だけでなく赤ちゃんにもダメージを与えます。 重い荷物は持たないよう意識したり、常に身体を温めることを徹底すれば大丈夫です。 また焦らないで、ゆっくり行動しましょう。

重い荷物や寒さに注意する

赤ちゃんがお腹にいるのに身体に負担を与えることで、赤ちゃんにダメージを与える危険性があります。
元気な赤ちゃんを産めないので、やってはいけないことを絶対に避けてください。
まだ妊娠して間もない頃だから、少しくらいならよいだろうと油断してはいけません。
妊娠していると判明した時から、赤ちゃんのことを優先的に考えて生活を送ってください。
重い荷物を持つことは負担を与えるので、やめてください。
誰かに持ってもらったり、買い物は通販を利用したりしましょう。

また身体を冷やす行為もだめです。
女性は冷え性の人が多いので、冷え性対策をしっかりしておきましょう。
控えた方がよい食事もあります。
大人なら食べても影響がない物ですが、赤ちゃんにとっては大ダメージになります。
妊娠中は、何を食べればよいのか調べてからメニューを考えてください。
栄養を補給できるメニューにすれば安心できます。

またストレスを溜めることも禁止されています、
母親がイライラすると、赤ちゃんにも伝わります。
毎日母親が元気に過ごすことで、赤ちゃんも元気に成長するでしょう。
妊娠期間中は、ホルモンバランスが乱れやすいです。
些細なことで怒ったり、悲しくなったりします。
普段により敏感になっていると思いますが、ホルモンバランスが原因だと思ってください。
周囲にも理解を求めましょう。
辛いことを1人で抱え込むのが、最も大きなストレスになってしまいます。
特に、夫には伝えておきましょう。

おすすめリンク

食べてはいけない物がある

食事にも気を遣ってください。 普段食べている物の中に、赤ちゃんに悪影響を与える種類が含まれているかもしれません。 赤ちゃんはまだ身体ができていないので、些細なダメージでも大きく感じます。 避けた方がよい食べ物を知ることで、赤ちゃんを守れます。 また1日の摂取量を把握しましょう。

ストレスフリーな生活を目指す

ホルモンバランスが乱れることで、感情の起伏が激しくなる人がいます。 些細なことでイライラしたり、全てが嫌になったりするでしょう。 何もしたくないと思ったら、ゆっくり身体を休めてください。 無理に動くと、ストレスになります。 休むことで、少し心が回復します。