デリケートな時期だと認識する

妊娠中に絶対避けるべきこと

食べてはいけない物がある

生ものは控えた方がよい

魚のお刺身が好きな人がいるでしょう。
栄養が豊富に含まれていますが、生ものは食中毒になりやすいと言われています。
食中毒になると、赤ちゃんに大きなダメージを与えるので絶対に避けなければいけません。
どうしてもお刺身を食べたいなら、新鮮だと分かっている物だけにしてください。
また魚の種類も注意しなければいけません。

マグロやサケには、水銀という成分が含まれていることがあります。
水銀は赤ちゃんに悪影響を与える成分なので、妊娠中は控えてください。
しかし、完全に食べないのは辛いと思います。
魚にも栄養が含まれているので、1週間に1回食べるぐらいにすれば問題ありません。
ストレスが溜まるので、完全に控えることはやめましょう。

飲み物に注意しよう

アルコールは、絶対に控えてください。
赤ちゃんにダメージを与えてしまいます。
アルコールは非常に大きなダメージになるので、少しでもダメです。
完全に飲まないでください。
時々、アルコールが含まれたお菓子を見かけます。
それでもダメージを与える危険性があるので、なるべく控えましょう。
お菓子を食べる時は、成分をしっかりチェックしてください。

またカフェインが含まれた飲み物も控えてください。
コーヒーに多いというイメージがありますが、お茶にも含まれています。
エナジードリンクにも入っているので、飲まないよう意識してください。
最近はノンカフェインのコーヒーが登場しているので、どうしても飲みたかったらそれを選択しましょう。


この記事をシェアする